技術の発展や創薬・創剤への展開・議論|日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

技術の発展や創薬・創剤への展開についての議論ならびに人的交流を図る為、セミナー情報などを発信

トップ ≫ セミナー・講習会情報 ≫

セミナー・講習会情報

【開催予告】物性フォーカスグループセミナー2021


医薬品原薬・製剤の表面・界面分析
 

日時 2021年9月17日(金) 10時30分 〜 17時00分
場所 Zoomによるオンラインセミナー
主催 日本薬剤学会物性フォーカスグループ
概要 表面・界面の物性は医薬品製剤の機能や製造性に大きく影響を及ぼす。近年、表面・界面の構造や状態を精密に評価できる様々な分析法が開発され、処方設計や品質管理などの創薬研究・開発に応用できるようになってきた。粉体物性の評価としては、従来から汎用されているガス・水蒸気吸着測定に加えて、逆相ガスクロマトグラフィー(IGC)が近年注目を集めている。さらに、飛行時間型二次イオン質量分析法(TOF―SIMS)、X線光電分光法(XPS)やラマン分光法を用いることで、表面・界面のイメージングも検討できる。また、水溶液に分散中のコロイド粒子、核酸、抗体の構造や状態もゼータ電位、NMRや原子間力顕微鏡法(AFM)などで評価可能である。本会は表面・界面分析の初心者から中級者を対象に「わかりやすい」をコンセプトとしている。表面・界面分析に従事されている産学の研究者からご講演頂き、表面・界面研究について基礎から学ぶ。
内容 <講演>
TOF-SIMSおよびXPSによる表面・界面分析とイメージング
     眞田 則明(アルバック・ファイ)
パルスNMR及びゼータ電位による水溶液中粒子の界面状態評価
     武田 真一(武田コロイドテクノ・コンサルティング)
顕微ラマン分光法およびチップ増強ラマン顕微分光法を用いたケミカルイメージング
     若林 慧(堀場製作所)
DNAオリガミ分子デバイスのAFM観察による生体関連分子の単分子検出
     葛谷 明紀(関西大学)
吸着現象に関連した医薬品粉体表面の評価―ガス・水蒸気吸着、IGCを例として―
     米持  悦生(星薬科大学)
IGCによるvoid forming indexの評価
     丸山 直(第一三共)
各種NMR測定法を用いたナノ結晶及びナノ共結晶の界面構造解析
     小島 太郎(武田薬品工業)
参加区分
参加費
支払方法
一般参加費:セミナー(5000円)
学生参加費:セミナー(無料)
支払は下記への銀行振り込みにてお支払い願います。
きらぼし銀行(金融機関コード:0137)、秋津支店(店番号:055)、普通口座:5028048
口座名:公益社団法人日本薬剤学会物性フォーカスグループ
シヤ)ニホンヤクザイガツカイ ブツセイフオーカスグループ
(領収書の必要な方は、登録連絡をして頂く際にその旨をご記載下さい)
参加申込
方法
参加を希望される方は,①お名前,②ご所属,について明記し,2021年8月16日(月)までに,E-mail(apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp)にてご連絡ください。

セミナーの詳細はこちら

お問い合わせ

事務局:日本薬剤学会 物性FG 事務局 担当 古石 誉之
〒:142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学薬品物理化学研究室内
Email: apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp
Phone: 03-5498-5159
URL: https://bussei-fg.com/
 

【開催予告】第20回APSTJ製剤技術伝承実習講習会


「製剤設計の基盤となる多様性広がる化合物の評価戦略Ⅱ」

会期 2022年2月24日(木)〜 2022年2月25日(金)
会場 星薬科大学
〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
主催 日本薬剤学会製剤技術伝承委員会(瀬田康生委員長)
実習講習会準備委員会(米持悦生委員長)
共催 日本薬剤学会物性フォーカスグループ
概要 ―製剤研究者・分析研究者のための最新のプレフォーミュレーション戦略を学ぼう―
 本講習会は、専門家による実技指導を通して、奥深い製剤設計のノウハウを伝承することを目的とするもので、実習により主要な技術を体験し、実験結果の解析を通じてさらに理解を深めて頂くものです。
 今回は『製剤設計の基盤となる多様性広がる化合物の評価戦略Ⅱ』というテーマでプログラムを用意致しました。本講習会は、最適な原薬結晶形態の選択のノウハウ、最新の物性評価技術の製剤設計への応用までの知識と技能習得を目指した講習会です。原薬物性および製剤研究者を対象とした「問題解決型」の内容です。講義として「製剤設計を見据えた物性研究総論」「物性評価法総論」「物性に問題を抱えた化合物の製剤設計戦略と事例」などの講義を行います。さらに、処方設計のための最新の評価手法について実習していただきます。

実習講習会のパンフレットはこちら

前回(第17回)の様子は「活動報告」をご覧ください。

日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学 薬学部 薬品物理化学教室内

TEL:03-5498-5159

団体概要はこちら

モバイルサイト

日本薬剤学会物性フォーカスグループスマホサイトQRコード

日本薬剤学会物性フォーカスグループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!