技術の発展や創薬・創剤への展開・議論|日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

技術の発展や創薬・創剤への展開についての議論ならびに人的交流を図る為、セミナー情報などを発信

トップセミナー・講習会情報 ≫ 【開催予告】物性フォーカスグループセミナー2022 ≫

セミナー・講習会情報

【開催予告】物性フォーカスグループセミナー2022


振動分光による原薬・製剤の物性評価
 

日時 2023年3月3日(金) 10時30分 〜 17時05分
場所 星薬科大学百年記念館(東京都品川区)及び オンライン(Zoom)のハイブリッドセミナー
主催 日本薬剤学会物性フォーカスグループ
概要 振動分光とは、測定対象の分子振動を光で計測する技術であり、分子の構造や状態を知るために用いられる。振動分光法としては、赤外(IR)分光法、Raman分光法、近赤外分光法(NIR)、テラヘルツ分光法などがあり、いずれの手法も原薬や医薬品製剤の評価法として用いられている。IR分光法は古くから化合物の同定や定量などに利用されており、近年では放射光を用いた手法やAFM-IR法などの新しい手法も開発され、より高感度・高空間分解能のデータが得られるようになっている。Raman分光法は、第17改正日本薬局方の第二追補に収載されたことからも分かるように、近年医薬品分野で特に普及が進む手法である。前処理なしで、非破壊・非接触で測定できることから、低分子医薬品のスクリーニング、錠剤のイメージング、品質管理など、様々な目的で応用が進んでいる。特に最近では、抗体や細胞などのバイオマテリアルをRaman分光法により評価する新しい試みも始まっている。NIR分光法はProcess Analytical Technology (PAT)に有用な手法として広く認識されており、製薬企業の生産現場で混合や造粒工程の管理に実用化されている。本セミナーは振動分光分析の初心者から中級者を対象に、「わかりやすい」をコンセプトとしている。振動分光の魅力を日々追求している産学の研究者からご講演頂き、振動分光法の有用性や可能性について基礎から学ぶ。
内容 <講演>
振動分光の基礎~はじめての方に向けて原理から
     笹倉 大督 先生(スペクトリス)
低波数領域ラマン分光法の基礎と品質管理への応用
     深水 啓朗 先生(明治薬科大学)
バイオライフサイエンス分野へのRaman分析の応用
     廣瀬 侑太郎 先生(堀場製作所)
オリジナルラマンプローブによる高精度・多重イメージング
     神谷 真子 先生(東京工業大学)
高輝度赤外線領域放射光を利用した分光と物性評価
     池本 夕佳 先生(高輝度光科学研究センター)
ナノ分解能の新しい赤外分光技術 AFM-IR
     横川 雅俊 先生(ブルカージャパン)
PATへの振動分光の応用
     深津 卓也 先生(アステラス製薬)
参加区分
参加費
支払方法
Zoomを用いたハイブリッドセミナーとなりますが、配信されたプレゼンテーションの画面録画や音声録音は禁止させて頂きます。
一般参加費:セミナー(7000円)
学生参加費:セミナー(無料)
支払は下記への銀行振り込みにてお支払い願います。
きらぼし銀行(金融機関コード:0137)、秋津支店(店番号:055)、普通口座:5028048
口座名:公益社団法人日本薬剤学会物性フォーカスグループ
シヤ)ニホンヤクザイガツカイ ブツセイフオーカスグループ
(領収書の必要な方は、登録連絡をして頂く際にその旨をご記載下さい)
参加申込
方法
参加を希望される方は,①お名前,②ご所属,③対面orオンラインの希望,について明記し,2023年2月6日(月)までに,E-mail(apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp)にてご連絡ください。

セミナーの詳細はこちら

お問い合わせ

事務局:日本薬剤学会 物性FG 事務局 担当 古石 誉之
〒:142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学薬品物理化学研究室内
Email: apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp
Phone: 03-5498-5159
URL: https://bussei-fg.com/
 

日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学 薬学部 薬品物理化学教室内

TEL:03-5498-5159

団体概要はこちら

モバイルサイト

日本薬剤学会物性フォーカスグループスマホサイトQRコード

日本薬剤学会物性フォーカスグループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!