技術の発展や創薬・創剤への展開・議論|日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

技術の発展や創薬・創剤への展開についての議論ならびに人的交流を図る為、セミナー情報などを発信

トップ ≫ セミナー・講習会情報

セミナー・講習会情報

第15回APSTJ製剤技術伝承実習講習会


「製剤設計の基盤となる多様性広がる化合物の評価戦略」

会期 2018年08月30日 09時00分 〜
2018年08月31日 18時00分
会場 星薬科大学
〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
主催 日本薬剤学会製剤技術伝承委員会(福田誠人委員長)
実習講習会準備委員会(米持悦生委員長)
共催 日本薬剤学会物性フォーカスグループ
概要 ―多様な化合物の評価戦略と製剤設計の基盤技術を学ぼう―
本講習会は、専門家による実技指導を通して、奥深い製剤設計のノウハウを伝承することを目的とするもので、実習により主要な技術を体験し、実験結果の解析を通じてさらに理解を深めて頂くものです。
今回は『製剤設計の基盤となる多様性広がる化合物の評価戦略』というテーマでプログラムを用意致しました。本講習会は、最適な原薬結晶形態の選択のノウハウ、原薬の物性評価の基本から製剤設計への応用までの知識と技能習得を目指した講習会です。原薬物性および製剤研究者を対象とした「問題解決型」の内容です。講義として「医薬品開発における物性研究総論」「物性評価法総論」「物性や薬物動態特性に問題を抱えた化合物の製剤設計戦略と事例」などの講義を行います。さらに、処方設計のための最新の評価手法について実習していただきます。
講義 医薬品開発における物性研究総論
物性評価法総論
物性や薬物動態特性に問題を抱えた化合物の製剤設計戦略と事例
実習 実習課題A:結晶化の基礎と多形解析への応用
実習課題B:製剤設計を見据えた医薬品原薬の基礎物性評価
実習課題C:難溶性化合物の固体分散体化における高分子スクリーニング
実習課題D:原薬・製剤の短期安定性リスク評価法
(実習内容につきましては多少変更する可能性があります)
参加区分
参加費
本学会会員 50,000円(税込)
本学会賛助会員企業社員 50,000円(税込)
本学会非会員 100,000円(税込)
*意見交換会の参加費 3000円および会期中の昼食代 2000円を含む

セミナーの詳細はこちら

お問い合わせはこちら
本会に関してご質問がある方は、下記までご連絡をお願い致します。
(お申し込みは日本薬剤学会のHPからお願いいたします。)

連絡先: 日本薬剤学会 物性FG事務局 担当 古石 誉之
〒:142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学薬品物理化学教室内
電話/FAX: 03-5498-5159
E-mail: apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp
URL: http://bussei-fg.com/

 

お申し込みはこちら

日本薬剤学会[第15回製剤技術伝承実習講習会]

http://www.apstj.jp/events/workshop-lab/lab-15th
2018年07月06日 10:10 |コメント|

物性FGセミナー


基礎から最前線まで!
X線を用いた原薬・製剤の評価

日時 2019年02月15日 10時30分 〜 16時55分
場所 星薬科大学 百年記念館
〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
主催 日本薬剤学会物性フォーカスグループ
概要 X線分析は固体試料の構造解析法として最も強力な方法の一つである。単結晶X線回折及び粉末X線回折は、すでに原薬・製剤分析において多用される分析法となっているが、その汎用性・応用性は近年益々向上している。また、X線分析におけるハード・ソフト面での発展は著しく、創薬に応用できる新しい様々な測定・解析技術が開発されている。その結果、X線分析の測定対象は、従来の単結晶や粉末に留まらず、懸濁液や錠剤まで広がった。今後、X線を用いた分析は更に多種多様の展開を見せると期待できる。本会はX線分析の初心者から中級者を対象に「わかりやすい」をコンセプトとしている。X線を用いた各種分析法を用いて研究されている産学の研究者からご講演頂き、X線研究について基礎から学ぶ。
内容 <特別講演>
CMCの観点から見た溶液中のナノメディシンの特性評価:X線小角散乱を中心にして
<講演>
粉末X線回折の基礎 ~測定原理、試料調製、測定・解析~ 
医薬品分子の結晶と非晶質の構造の違いを調べる:二体分布関数を用いた解析(仮)
3次元X線顕微鏡(X線CT)での製剤評価について
単結晶X線構造解析の利用
粉末X線構造解析の現状と医薬品開発への応用 (仮)
企業研究におけるX線の利用
申込締切 2019年1月12日(土)定員50名(先着順とさせていただきます)
参加区分
参加費
支払方法
一般参加費 セミナー:7000円(税込), 情報交換会:3000円(税込)
学生参加費 セミナー:無料, 情報交換会:3000円(税込)
支払方法:以下に示します2つの方法のどちらかでお願いします。
①銀行振り込み 
きらぼし銀行(金融機関コード:0137)秋津支店(店番号:055)普通口座:5028048 
口座名:公益社団法人日本薬剤学会物性フォーカスブループ 
シヤ)ニホンヤクザイガツカイ ブツセイフオーカスグループ 
(なお、領収書の必要な方は、当日お渡ししますので、登録連絡をして頂く際に、その旨をご記載下さい。また振込みの場合、1月12日(土)までにお願い致します。)
②当日支払 
(登録連絡の際その旨記載して下さい。また、お釣りの無いように準備をお願いします。領収書は、当日お渡し致します。)
参加登録 講演会に参加を希望される方は、以下の参加申込フォームに記載の上、1月12日(土)までにE-mailにてご連絡をお願い致します。
登録頂いた方には、確認のメイルを送信致します。
参加登録連絡用 E-mail:apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp


①参加者名:
②所属
会社名:
所属部署等:
③連絡先
メイルアドレス:
電話番号:
④日本薬剤学会の会員かどうか(いずれかを残してください)
会員 / 非会員
⑤参加費の支払い方法(いずれかを残してください)
当日支払 / 銀行振込
※銀行振込の場合は領収書の要否(いずれかを残してください)
必要 / 不要

セミナーの詳細はこちら

お問い合わせ・申し込み先
事務局:日本薬剤学会 物性FG 事務局 担当 古石 誉
〒:142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学薬品物理化学教室内
Email: apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp
Phone: 03-5498-5159
URL: http://bussei-fg.com/

2018年05月15日 07:36 |コメント|

粉体プロセス/物性/製剤処方・プロセスの最適化検討フォーカスグループ合同講演会
終了しました


QbDに基づくプロセス開発 ~スケールアップ検討は必要か?~

日時 2018年03月08日 13時00分 - 17時00分 (12:30開場)
場所 星薬科大学
新星館 1階 105講義室(東京都品川区荏原2-4-41)
戸越銀座駅(東急池上線)徒歩8分 
戸越駅(都営地下鉄浅草線)徒歩10分 
武蔵小山駅(東急目黒線)徒歩12分
概要 スケールアップは、研究開発から生産において考慮されなくてはならない重要な課題です。スケールアップ検討は、企業や技術者の知識や経験等に基づいて行われてきた実情がありますが、昨今ではICH Q8「製剤開発に関するガイドライン」が求める「Quality by Design(QbD)」に基づく製剤開発・プロセス検討の必要性が叫ばれており、スケールアップにも科学的な根拠とデータに基づく検討が求められるようになりました。 こうしたQbDに基づくスケールアップの課題について、3つのフォーカスグループ(以下FG)が夫々の視点から講演を行い、スケールアップ検討のあるべき姿について議論を深める講演会を開催致します。QbDに基づくプロセス開発や品質評価を検討されている多くの皆様にご参加を頂きますよう、よろしくお願い申しあげます。
プログラム 13:00-13:05:開会挨拶 (山本浩充リーダー、粉体FG)
13:05-13:30:講演1 QbDに関するアンケート調査の結果報告とスケールアップに関する課題(最適化検討FG)
13:30-14:15:講演2 QbDに基づくスケールアップ検討の実施例(最適化検討FG)
14:15-15:00:講演3 スケールアップ検討における中間製品の物性評価の重要性(物性FG)
15:15-16:00:講演4 連続製造 ~スケールアップレスを可能とする新規製造技術の活用~(粉体プロセスFG)
16:00-16:50:総合討論 QbDにおけるスケールアップ検討の課題と対応について 
16:50-16:55:閉会挨拶(米持悦生リーダー、物性FG)
(尚、講演演題は仮題であり、予告なく変更されることがあります。)
参加費 本学会会員 5,000円(税込)
本学会非会員 10,000円(税込)
支払方法:以下に示します2つの方法のどちらかでお願いします。
①銀行振り込み 
三菱東京UFJ銀行 坂戸支店(店番298)普通口座:0416284 口座名:製剤処方(セイザイショホウ)
(なお、領収書の必要な方は、当日お渡ししますので、登録連絡をして頂く際に、その旨をご記載下さい。また振込みの場合、3月2日(金)までにお願い致します。)
②当日支払 
(登録連絡の際その旨記載して下さい。また、お釣りの無いように準備をお願いします。領収書は、当日お渡し致します。)
申込締切 2018年3月2日(金)定員 100名
参加登録 講演会に参加を希望される方は、以下の参加申込フォームに記載の上、3月1日(木)までにE-mailにてご連絡をお願い致します。
登録頂いた方には、確認のメイルを送信致します。
参加登録連絡用 E-mail:apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp


①参加者名:
②所属
会社名:
所属部署等:
③連絡先
メイルアドレス:
電話番号:
④日本薬剤学会の会員かどうか(いずれかを残してください)
会員 / 非会員
⑤参加費の支払い方法(いずれかを残してください)
当日支払 / 銀行振込
※銀行振込の場合は領収書の要否(いずれかを残してください)
必要 / 不要

 

お問い合わせはこちら
本講演会に関してご質問がある方は、下記までご連絡をお願い致します。
連絡先: 日本薬剤学会 物性FG事務局 担当 郡司
〒:142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学薬品物理化学教室内
電話/FAX: 03-5498-5159
E-mail: apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp
URL: http://bussei-fg.com/
 

要旨    講演資料(最終版)

2018年02月13日 14:00 |コメント|

2018年度活動予定

ビジネス6_ブルー
2018年3月8日(予定) : 粉体プロセス・物性・最適化の3フォーカスグループによる共同企画セミナーの開催
2018年春ごろ     : 「固体医薬品の物性評価2018」出版予定(監修)
2018年8月30, 31日  : 第15回製剤技術伝承実習講習会(協賛)
             物性、製剤、分析に関わる実習を中心としたセミナーを実施します。
             例年、好評のセミナーですので、ぜひご予定下さい。 
2019年2月        : X線測定・分析に関わるセミナーの開催
2017年11月30日 07:22 |コメント|

第14回製剤技術伝承実習講習会  終了しました

次回は2018年8月30, 31日(星薬科大学)で実施します。ご期待ください。


「克服すべき問題を抱えた化合物の処方最適化ストラテジー」

日時 2017年08月31日 09時00分 〜
2017年09月01日 18時00分
場所 星薬科大学
〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
概要 ―化合物のプロファイリングと問題点の抽出さらに処方最適化ストラテジーを学ぼう―
本講習会は、専門家による実技指導を通して、奥深い製剤設計のノウハウを伝承することを目的とするもので、実習により主要な技術を体験し、実験結果の解析を通じてさらに理解を深めていただくものです。
今回は『克服すべき問題を抱えた化合物の処方最適化ストラテジー』というテーマでプログラムを用意いたしました。本講習会は、最適な原薬結晶形態の選択のノウハウ、原薬の物性評価の基本から製剤設計への応用までの知識と技能習得を目指した講習会です。原薬物性および製剤研究者を対象とした「問題解決型」の内容です。
講義 「医薬品開発における物性研究総論」「物性評価法総論」「物性や薬物動態特性に問題を抱えた化合物の製剤設計戦略と事例(仮)」などの講義を行います。さらに、処方設計のための最新の評価手法について実習していただきます。
課題 実習課題A:結晶化の基礎と多形解析への応用
実習課題B:製剤設計を見据えた医薬品原薬の基礎物性評価
実習課題C:難溶性化合物の固体分散体化における高分子スクリーニング
実習課題D:原薬・製剤の短期安定性リスク評価法
参加費 本学会会員 50,000円(税込)
本学会賛助会員企業社員 50,000円(税込)
本学会非会員 100,000円(税込)
*懇親会費・会期中の昼食代を含む

セミナーの詳細はこちら

お問い合わせはこちら
製剤技術伝承講習会事務局、公益社団法人日本薬剤学会
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16
Email: generalsecretary.apstj@gmail.com
Phone: 03-6277-4351

 

お申し込みはこちら

日本薬剤学会[第14回製剤技術伝承実習講習会]

http://www.apstj.jp/events/workshop-lab/lab-14th
2017年07月19日 18:00 |コメント|

物性FGセミナー2017  終了しました

次回はX線に関するセミナーを星薬科大学で2019年1-2月ごろに実施します。ご期待ください。


化学構造解析だけじゃもったいない!
医薬品開発へのNMR の応用

日時 2017年8月4日(金)10:30〜16:55
場所 星薬科大学 百年記念館(東京都品川区)
概要 これまでの創薬研究におけるNMRの利用は化学構造の同定が主であった。
しかし近年のNMRはハード・ソフト共に発展著しく、溶液試料以外にも固体試料やひいては半固形試料の測定も可能となり、操作自体も極めて容易である。
またNMRはその優れた分解能から医薬品製剤のような混合試料の測定は本来から得意とするところである。このような理由から、NMRは医薬品原薬・製剤の定量評価・物性評価に欠かせない測定法の一つとなりつつある。
本会では、NMRを全く使ったことがない、これからNMRを使ってみようと考えている分析・製剤研究者を対象とする。「わかりやすい」をコンセプトに、NMRを構造解析以外の創薬研究に応用している産官学の研究者からご講演いただき、NMR研究について基礎から学ぶ。
参加費 セミナー 7,000円(税込)
情報交換会 3,000円(税込)

セミナーの詳細はこちら

2017年07月04日 10:30 |コメント|

日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学 薬学部 薬品物理化学教室内

TEL:03-5498-5159

団体概要はこちら

モバイルサイト

日本薬剤学会物性フォーカスグループモバイルサイトQRコード

日本薬剤学会物性フォーカスグループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 星薬科大学