技術の発展や創薬・創剤への展開・議論|日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

技術の発展や創薬・創剤への展開についての議論ならびに人的交流を図る為、セミナー情報などを発信

物性フォーカスグループ

トップ ≫

最新情報

物性フォーカスグループについて

日本薬剤学会 物性フォーカスグループ(物性FG)とは

化学

現在の製剤開発は、原料、初期製剤から工業化に至るまで、開発時間の短縮のためによりシンプルな処方設計が主流となっています。

このような状況では、原薬・添加剤などの原材料物性が製剤特性に直接反映される可能性が高く、また製剤化を視野に入れた原薬物性制御がより必要となってきています。

QbD(Quality by Design)に基づいた製剤設計においても、原材料物性はCQA(Critical Quality Attribute)達成のためのCMA(Critical Material Attribute)の評価につながり、その重要性がますます高まってきています。

 

本グループ は、医薬品原薬、製剤原材料ならびに製剤の物性評価を主眼とし、特に近年多様な発展を遂げている分光分析をはじめとする評価技術にフォーカスをあて、技術の発展や創薬/創剤への展開についての議論ならびに人的交流を図ることを活動目的としています。

活動概要

DNA
  • シンポジウムの企画・運営
  • 若手研究者の研修・啓発・育成
  • 産官学研究者の交流と情報交換
  • 新規技術の評価・発展研究。これらの情報共有
  • 関連通達・ガイダンスなどについての、規制当局への意見集約・コメント発信
  • 新規試験法の意見集約、局方収載
  • 物性研究をもとにしたQbDやCQAの設定をはじめとするレギュレーション研究

サイトのご案内

お問い合わせ・セミナーのお申し込みはこちら

お問い合わせ

Side Menu

日本薬剤学会 物性フォーカスグループ

〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41 星薬科大学 薬学部 薬品物理化学教室内

TEL:03-5498-5159

団体概要はこちら

モバイルサイト

日本薬剤学会物性フォーカスグループモバイルサイトQRコード

日本薬剤学会物性フォーカスグループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 星薬科大学